掲載物件数00

千歳烏山店
03-5969-1511
つつじヶ丘店
042-442-6171
三鷹本店
0422-59-0660

営業時間:10:00~19:00 定休日:毎週水曜日

ハウス賃貸 > ハウス賃貸 千歳烏山店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の仲介手数料はいくら?なぜ手数料が発生するのか

賃貸物件の仲介手数料はいくら?なぜ手数料が発生するのか

≪ 前へ|賃貸物件の契約時に受け取る「敷金預かり証」とは?紛失するとどうなるの?   記事一覧

賃貸物件の仲介手数料はいくら?なぜ手数料が発生するのか

賃貸物件の仲介手数料はいくら?なぜ手数料が発生するのか

賃貸物件を借りるときには、敷金や礼金の他に不動産会社に支払う仲介手数料も発生します。
初期費用に含まれるために、入居前に敷金や礼金と一緒に支払いますが会社ごとに手数料は違い、なかには手数料無料の物件も存在します。
そこで今回は、仲介手数料の相場はいくらなのか、仕組みはどうなっているのかなどについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸物件の仲介手数料とは?発生する仕組み

賃貸物件の仲介手数料とは?発生する仕組み

契約を成立させてくれる不動産会社への対価として支払うため、手数料が必要です。
物件の入居申し込みをおこなってから契約までは、不動産会社は入居希望者に対して以下のようにサポートします。

●物件案内
●契約条件交渉
●重要事項項目説明
●書類作成
●契約締結


このように入居希望者がスムーズに物件を見て契約し、入居できるようにサポートしてくれるので、その対価として手数料を支払うのです。
名前のとおり仲介してくれることに対する手数料です。
手数料は成功報酬となっているために、物件契約後にはじめて発生します。
不動産会社に物件を案内してもらうだけでは発生しません。

家賃に対してのみ発生する

宅地建物取引業法で決められている仲介手数料は、家賃に対してのみ発生します。
駐車場や物件管理に対しては発生しません。
そのために、駐車場を借りるときの駐車料金や物件管理での管理費用などには手数料は含まれていません。
もしも、仲介手数料が含まれているとすればそれは違法です。
1.5か月分のような家賃の1か月以上徴収するときも違法になります。
消費税が発生するために、消費税分も上乗せされます。

初期費用支払い時に一緒に払う

賃貸借契約締結後に家賃や敷金と一緒に支払います。
前払いで請求されることはありません。
通常は家賃などと一緒に一括で支払うのが普通であり、振込で支払うケースが大半です。
ただし不動産会社によっては、重要事項説明後の契約締結までに支払いを求めるところもあります。
家賃のように毎月発生するお金ではなく、契約時に1回のみ発生します。
初期費用の中で、手数料は不動産会社が受け取るお金であり、家賃は物件オーナーが受け取るお金です。
賃貸物件の契約時には家賃や敷金も支払わないとならず、初期費用は高額な金額になります。

初期費用は分割払いできるケースもある

初期費用の支払いがカード払いに対応している不動産会社では、分割での支払いができます。
または初期費用の分割払いに対応している不動産会社ならば、カード払いにしなくとも分割払い可能です。
ただし現金での分割払いは、支払える項目が限られている場合が多いです。
初期費用を分割払いにできるサービスもあります。
このようなサービスを使えば、カード払いや指定の不動産会社にとらわれずに、自分の入居した物件で分割払いできるかもしれません。

賃貸物件の契約時に支払う仲介手数料の金額と上限

賃貸物件の契約時に支払う仲介手数料の金額と上限

仲介手数料の金額は、家賃1か月分が上限です。
以下のように決まっています。

●貸主と借主それぞれから受け取るときは家賃の50%ずつ
●借主の承諾があれば貸主または借主から家賃の100%徴収できる


これは宅地建物取引業法で決められており、手数料には消費税がプラスされます。
たとえば家賃5万円ならば5万円と消費税分、家賃15万円ならば15万円と消費税分です。
そのため、家賃の2か月分や3か月分を徴収することはできません。
借主の承諾があれば家賃の100%徴収できると決められているので、本来は物件の借主が支払う金額は家賃の50%分です。
家賃で金額は決まるために、たとえば集合住宅でも他の入居者の家賃が高かったり安かったりしても、他の入居者の家賃は影響しないです。
いくらにするかは、家賃の1か月分以内であれば不動産会社が自由に決めて構いません。
1か月に設定している不動産会社もあれば、50%や0%にしている不動産会社もあります。
無料としているケースもありますが、なかにはその代わりに礼金を受け取り、礼金を手数料として徴収するケースもあります。

契約時の支払い金額は高額になりやすい

賃貸物件を契約するとなれば、どんなお金が発生するか以下で確認してみましょう。

●入居月の日割り家賃
●次月の家賃
●敷金
●礼金
●仲介手数料
●保険料
●保証会社利用料


この中で敷金は不要な物件が数多くあります。
初期費用は日割り家賃と次月の家賃1か月分、敷金1~2か月分、仲介手数料1か月分、火災保険の保険料、そして保証会社の利用料金です。
およそ家賃の5~6倍が初期費用と言われています。
仲介手数料があるだけで、初期費用に家賃1か月分が上乗せされるのでまとまったお金を用意しないとなりません。
当然家賃が高いほど、それだけ初期費用も高くなります。
さらに鍵交換、駐車場利用、エアコン取り付け、ハウスクリーニングなども利用するとなれば、初期費用に家賃の1か月や2か月分は加算されます。
手数料が安ければ、それだけ初期費用を抑えられます。

賃貸物件の契約時に仲介手数料を抑えられるケース

賃貸物件の契約時に仲介手数料を抑えられるケース

家賃の1か月が普通ですが、家賃の半月分や無料にしている不動産会社もあります。
このような物件に入居すれば、手数料を抑えられます。
大家さんが早く入居者を見つけたいときは、借りやすくするために手数料を取らないときもあります。
また以下のようなケースも仲介手数料が抑えられる方法です。

不動産会社が貸主の物件

不動産会社が管理して大家になっている物件は、貸主でもあります。
入居希望者である借主と、貸主である不動産会社との直接契約になるので、このような物件の仲介手数料は無料です。
またこのような不動産会社が保有する物件は、更新手数料も発生しないケースも多いのでお得に借りられます。
さらに、大家さんが不動産会社に物件管理手数料を支払うケースもあります。
このような物件は、管理手数料が不動産会社の収益となるので、入居者からは取らないケースが多いです。

仲介手数料の値引き交渉

仲介手数料は家賃の1か月分が上限であり、この範囲ならばいくらでも良いので値引き交渉も可能です。
ただし手数料は不動産会社にとって、物件の契約では唯一の収入源です。
値引き交渉を行えば、値切る方には貸さないとして契約を断られる可能性が高いです。
物件の初期費用が高いならば値引き交渉しても構いません。
賃貸物件は1~3か月に借りる方が多く、この時期には良い物件はどんどん入居者が決まります。
繁忙期は黙っていても入居者希望者が出てくるので、値引き交渉で値下げしてくれる可能性は低いです。
どうしても初期費用が高くて支払うのが厳しいとなれば、仲介手数料だけでも分割払いにできないか聞いてみましょう。
値切るよりも分割払いにしたほうが、不動産会社の受ける印象が良いです。
または敷金や礼金が安くならないか交渉しても良いでしょう。
さらには契約したい物件の初期費用が高いとなれば、家賃の安い物件や手数料無料の物件を探すのも1つの方法です。
物件のなかにはフリーレントで、家賃1か月や2か月分が無料の物件もあります。
このような物件であれば支払金額を抑えられます。

まとめ

賃貸物件は案内や契約の手続きをしてくれるお礼として、不動産会社に仲介手数料を支払います。
家賃の1か月が上限となっており、貸主側で金額は決められます。
なかには家賃の半月分や無料としている不動産会社もあるので、このような不動産会社が扱う物件を契約すれば初期費用を抑えられます。
このように詳細をしっかり把握することで得する面もあるため、仲介手数料を支払う場合は参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|賃貸物件の契約時に受け取る「敷金預かり証」とは?紛失するとどうなるの?   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフブログ
  • 店舗紹介
  • ベルフェイス
  • Instagram
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    ハウス賃貸 千歳烏山店
    • 〒157-0062
    • 東京都世田谷区南烏山6丁目3-15
      ikビル 1階
    • TEL/03-5969-1511
    • FAX/03-5969-1512
    • 東京都知事 (3) 第91690号
  • お問い合わせ
  • スマホ
  • ハウス売買
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

Copyright(c) ハウス賃貸 All Rights Reserved. 

来店予約