掲載物件数00

千歳烏山店
03-5969-1511
つつじヶ丘店
042-442-6171
三鷹本店
0422-59-0660

営業時間:10:00~19:00 定休日:毎週水曜日

ハウス賃貸 > ハウス賃貸 千歳烏山店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸契約の名義貸しの概要やリスクや解決策を紹介!

賃貸契約の名義貸しの概要やリスクや解決策を紹介!

≪ 前へ|居住中の物件を借りる場合の内見の方法や注意点について   記事一覧   ひとり暮らしの生活費はどのくらい必要?家賃設定や平均の生活費などを解説|次へ ≫

賃貸契約の名義貸しの概要やリスクや解決策を紹介!

賃貸契約の名義貸しの概要やリスクや解決策を紹介!

賃貸契約にはいくつかの注意すべきポイントがありますが、そのなかでも意識してほしいのが名義貸しです。
今回はこの名義貸しをする場合のリスクについてわかりやすく解説しつつ、そもそも名義貸しとはどういった存在であるのか概要をまとめ、トラブルにならないための解決策も見ていきます。
リスクがある行動になりますので、そもそもの意味も知らずに名義貸しをおこなうのは危険です。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸契約の名義貸しの概要

賃貸契約の名義貸しの概要

名義貸しの具体的な意味

名義貸しとは名前のとおりに他の人に自分の名義を貸すといった意味があります。
身近にある一例が賃貸でアパートやマンションを借りるときでしょう。
賃貸借契約書の借主の名前を記載する欄に住む予定の人以外の名前を記載すること、そこに住む予定の本人以外の名前を管理する人たちに相談することなく記入することが名義貸しになります。
審査をとおりやすくするためにも、不動産会社に黙って自分よりも収入が多い家族や恋人や友人の名前を記載する方もいますが、これは後に説明するリスクある行動なので注意しましょう。
子どもが住居人で親が名義人になるケースも多々ありますが、貸し主が承知の上で名義人が住んでいる人と異なっているケースは名義貸しとは違います。
問題となるのは大家さんや不動産会社に内緒で他人が入居したり、恋人や家族名義で契約した部屋に住み込む行為であり、これが名義貸しや無断転貸として扱われます。

名義貸しは一昔前に話題になった

名義貸しのワードになんとなく聞き覚えがある方は、一昔前に大きな話題になった消費者金融における名義貸しトラブルのニュースを見て聞いた方たちでしょう。
消費者金融で名義貸しをおこなった結果さまざまなトラブルに繋がり、大きく報道されました。
わかりやすい一例が、「支払う予定の人間が連絡が取れなくなり名義貸しをした人に支払い義務が発生した」といったトラブルで、その結果借りていないのに借金を背負うことになってしまうケースです。
この報道をよく知っている方は名義貸しによるリスクを知ることになり、うかつに名義貸しをすることは危険であると強い拒否反応を示すようになっています。
しかし、近年では、これらの報道を知らない方も多いので、今一度名義貸しとはなにかをおさらいする必要性が出てきました。

賃貸契約の名義貸しによるリスク

賃貸契約の名義貸しによるリスク

名義貸しは基本的に違法

最初に覚えてもらいたいのが、原則として名義人が名前だけを貸すこの名義貸しは違法であることです。
名義人は賃料支払い義務や目的物返還義務や用法遵守義務などさまざまな義務が生じ、トラブルが発生したときの責任を負う立場でもあるため気安く名義貸しをするのは危険ですが、それ以上のリスクがあります。
基本的に名義貸しはマンションやアパートを管理する側の人たちを騙す行為と判断されるため、発覚してしまった場合はさまざまなリスクを背負うことになるのです。
名義貸しは法的に判断すると、賃貸人に無断で又貸ししていると認識されてしまい状況次第では裁判沙汰になったり詐欺罪で訴えられるケースがあります。

住んでいる人は契約解除され追い出される

名義貸しが発覚して不動産会社や大家さん側から騙していたと判断された場合、高確率で契約解除に繋がります。
賃貸人に無断で又貸ししていたと判断されると、無断転貸と扱われるため退去を求められてしまうのは大きなリスクと言えるでしょう。

損害賠償や違約金発生につながる

名義人にその人の承諾無しに、勝手に名前を使っていいた場合は裁判沙汰になる可能性も高いです。
名義を無断で使われた人も法的なトラブルに巻き込まれてしまうため、身に覚えのない名義貸しが発覚した場合は全力で対抗してきます。
大がかりな裁判沙汰にまで発展するとこれからの行動にも大きな制約がかかりますし、何よりも裁判を起こされている人間として認知されてしまうため、ブラックリスト入りする危険性もあります。
また、不動産会社や大家さん側からは違約金を請求される可能性も高いです。

名義貸しをした人にもリスクがある

身に覚えのない名義貸しが発生してしまった場合でも、法律上支払い義務は名義人になっているため支払いなどの義務が発生します。
ここでこれらの問題を放置していると名義貸しをしていると判断された方にもトラブルが舞い込み、状況次第では詐欺罪に該当してしまうでしょう。
管理会社側の人たちからすると知らない人が住んでいる状態になるため、騙していたと判断されるのです。
とくにリスクが大きいのは、名義貸しをした相手が実は暴力団との繋がりがあった場合です。
暴力団排除条項により暴力団は簡単にアパートやマンションを借りられなくなったのですが、そこで名義貸しを使い居住しているケースがあるのです。

賃貸契約で名義貸しにならないための解決策

賃貸契約で名義貸しにならないための解決策

名義変更が必要な状況について

賃貸の名義変更が必要な状況になっても管理会社に黙っていると賃貸の名義貸しと判断されて退去命令が下されます。
そうなる前に名義変更をおこなってください。
よくある名義変更が必要な状況は、名義人そのものは変わっていないが、結婚や離婚によって名前が変わってしまった場合です。
他にも、法人は変わっていないが会社名が変更されてしまった場合でも名義変更が必要になります。

再契約や新規契約が必要な状況について

再契約や新規契約が必要な状況とは、名義人そのものが変わってしまうケースです。
家族で住んでいて、子どもが就職し本格的に働き始めたので名義人を子どもに変更したいといったケースでは、名義人が親から子どもに明確に変わりますので新規契約か再契約が必要になります。
他にもシェアハウスで暮らしていて、名義人をしていた人物は退去するが他の人が残っているためその人に名義人を変更したいといったケースも名義変更ではなく再契約や新規契約が必要になるでしょう。

管理会社に相談して手続きをおこなう

賃貸における名義人を変更するには、名義変更の手続きをおこなうか再契約や新規契約が必要になります。
この判断は入居している人たちではなく管理会社でおこないますのでまずは管理会社にご相談ください。
昨今のこういった相談はインターネットでもできるところが多くなっているので、時間帯があわず電話もなかなかできない方はWEB申し込みをおこなってみましょう。
また、名義変更のみが必要な場合は本人確認書類などを用意して管理会社に来店し、火災保険料などの名義変更もおこないましょう。
ただし、名義変更にも名義変更手数料が発生するので注意しましょう。
新規契約や再契約になると入居するための手続きが必要になるため、本人確認書類以外に不動産管理会社や大家さんなどの審査が必要になります。
これらの審査をクリアしたら晴れて再契約です。

まとめ

賃貸の名義貸しはリスクが伴う行動であり、名義人にも居住していた人にも発覚するとトラブルに繋がってしまいます。
概要から解決策までを簡単に解説致しましたが、名義貸しと判断されてしまうと退去命令が下されてしまいますので問題になる前に解決することが重要です。
また、名義変更が必要な状況と再契約や新規契約が必要な状況は異なりますので、名字が代わってしまった方や名義人を変更したい方はまず管理会社に相談して自分の状況を説明し対処方を指摘してもらってください。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|居住中の物件を借りる場合の内見の方法や注意点について   記事一覧   ひとり暮らしの生活費はどのくらい必要?家賃設定や平均の生活費などを解説|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフブログ
  • 店舗紹介
  • ベルフェイス
  • Instagram
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    ハウス賃貸 千歳烏山店
    • 〒157-0062
    • 東京都世田谷区南烏山6丁目3-15
      ikビル 1階
    • TEL/03-5969-1511
    • FAX/03-5969-1512
    • 東京都知事 (3) 第91690号
  • お問い合わせ
  • スマホ
  • ハウス売買
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

Copyright(c) ハウス賃貸 All Rights Reserved. 

来店予約