掲載物件数00

千歳烏山店
03-5969-1511
つつじヶ丘店
042-442-6171
三鷹本店
0422-59-0660

営業時間:10:00~19:00 定休日:毎週水曜日

ハウス賃貸 > ハウス賃貸 千歳烏山店のスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件でペットを飼育するのにフローリングの床はだめ?注意点や対策を解説!

賃貸物件でペットを飼育するのにフローリングの床はだめ?注意点や対策を解説!

≪ 前へ|杉並区永福町の住みやすさとは?周辺環境や交通アクセス家賃相場もご紹介   記事一覧   世田谷区にある下北沢駅ってどんなところ?商店街や家賃相場をご紹介|次へ ≫

賃貸物件でペットを飼育するのにフローリングの床はだめ?注意点や対策を解説!

賃貸物件でペットを飼育するのにフローリングの床はだめ?注意点や対策を解説!

賃貸でペットを飼育する場合、ペット可の物件を選ぶ必要があります。
賃貸のお部屋の多くはフローリングです。
フローリングの床でペットを飼育するとき、いくつか気を付けなければならない点があります。
そこで、ここでは注意点や対策について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

賃貸のフローリングでペットを飼育する場合の注意点

賃貸のフローリングでペットを飼育する場合の注意点

フローリングの床というのは、実はペットにとって暮らしにくい環境なのです。
そのため、ペット可の賃貸物件の床がフローリングだった場合、飼い主さんが気を配るべき注意点を解説します。

フローリングの床はペットの足腰に負担がかかりやすい

フローリングの床は滑りやすいため、ペットが床を踏みしめて歩くのが難しい床材です。
それはフローリングの床は硬くクッション性もあまりないので、足腰の関節や骨に負担が掛かりやすいためです。
その状態で数年過ごしているとペットの足腰に負担が蓄積し、最悪ヘルニアなど足腰の病気や怪我を患う可能性があります。
そのため、ペットの足腰に負担が掛からないような対策をすることが大切です。

ペットが付けた傷の修繕費は飼い主の負担になる

ペット可の物件であってもペットが傷をつけて良いというわけではありません。
ペットの付けた傷や汚れは、退去するときに飼い主の負担となります。
これは国土交通省住宅局の定めているガイドラインの中の「入居者の負担」になるものの中に、「飼育しているペットによる傷やにおい」が定められているためです。
負担割合は物件の経過年数などの条件によっても変わってきますが、できるだけ傷をつけないように気を付けたほうが良いでしょう。

音漏れに配慮する必要がある

賃貸物件の多くは集合住宅です。
犬や猫など鳴き声や音を出すペットを飼育する場合、それが近所迷惑になる可能性があります。
ペット可の物件であっても、すべての住人がペットを飼育しているとは限らないのです。
そうならないためにも、しつけをしっかりとする必要がありますし、迷惑をかけないような対策をすることが重要です。
また、ペットがストレスで暴れたり鳴いたりしないように、ペットに対しての適切なケアをしてあげることも忘れないようにしましょう。

賃貸住宅でペットに適したフローリングとは

賃貸住宅でペットに適したフローリングとは

フローリングだから絶対に駄目だと言うわけではありません。
賃貸住宅のなかにはそのままでもペットに適したフローリングを採用しているものもあります。
では、どのようなフローリングが使われていれば、それがペットに適したフローリングだと言えるのでしょうか。

ペットに優しいフローリングを採用している賃貸物件を選ぶ

ペットに優しいフローリングと言うのはいくつか開発、販売されています。
たとえば「ワンラブフロアⅡ」という大建工業の商品や、「ラシッサ耐水・ペット」というLIXILという商品などです。
このような商品は滑りにくくクッション性や耐臭性があるなどが特徴で、ペットだけでなく高齢の方やお子さまにも優しい商品になります。
そのため、賃貸住宅のなかにはこのようなフローリングが採用されている可能性もあるのです。
家を借りる前にどのようなフローリングが使われているのか確認してみると良いでしょう。

フロアコーティングされている賃貸住宅を選ぶ

普通のフローリングはとても滑りやすいため、賃貸住宅のなかには事前にフロアコーティングされていることもあります。
その場合、クッション性は低いですが滑りにくいので、普通のフローリングよりはペットに負担がかかりにくいです。
フロアコーティングされた床は傷がつきにくく見た目も良いので、採用されている可能性は高いかもしれません。
フロアコーティングされているかどうかは部屋の内覧をすればすぐにわかります。

ペット共生賃貸住宅を選ぶ

ペット可の住宅であっても、そこの住人がすべてペットを飼っているわけでも動物好きなわけでもありません。
そのため住んでみたらご近所の人とトラブルになったり、実際ペットを飼育すると暮らしにくく感じることもあります。
とくにフローリングに関しては、飼い主が対策をしなければ、ペットが病気や怪我をする可能性もあるのです。
このような不安を抱えている方は、ペット共生賃貸住宅を選ぶと良いかもしれません。
ペット共生賃貸住宅は、その名前のとおりペットと暮らすために適した賃貸住宅です。
入居者のほとんどはペットを飼っているか動物が好きな人がほとんどなので、ペットに関してご近所トラブルなどに悩むことはあまりありません。
また、建物自体もペットと暮らしやすい状態になっており、フローリングは滑りにくくクッション性のあるものや、エントランスに足洗い場があるなどさまざまな工夫がされています。
しかし、退去時には一般的な住宅同様に修繕費がかかることがあるので、ペット共生賃貸住宅を選ぶときには事前に確認するようにしましょう。

賃貸物件でペットと暮らすときのフローリングの対策方法

賃貸物件でペットと暮らすときのフローリングの対策方法

ペット可の賃貸住宅のすべてがペットに適したフローリング材をつかっているわけではありません。
そのままのフローリングだと犬の足腰によくありませんしにおいや音もするので、飼い主の方はきちんとした対策をする必要があります。
では、どのような対策をすれば良いのでしょうか。

フローリングにカーペットを敷く

カーペットは防音にもなりますし、フローリングの傷の防止が可能です。
また、ペットが滑ることもなくクッション性もあるので、ペットの足腰の負担も大きく減らせます。
部屋の大きさに合った大きなカーペットを使うのも良いのですが、ペットが粗相をするなどで汚れることもあるのです。
そのため、タイルカーペットやフローリングマットなど汚れた部分を交換できたり取り外して洗えるものの方が良いかも知れません。

滑り止めスプレーを使う

フローリングの状態で飼い主さんが暮らしたいのであれば、滑り止めスプレーを使うと良いでしょう。
ただし、購入するときに速乾性があることやペットがなめても大丈夫な成分を選ぶ必要があります。
滑り止めスプレーの効果はあまり長時間持つものではないので、フローリングが元のように滑るようになったら再度吹き付けてください。
ペット用の滑らないフローリングワックスもありますが、賃貸物件のなかにはワックスを勝手に塗ることを禁止している物件もあります。
もしもワックスを使うのであれば、事前に管理会社や大家さんに許可を取ってからにしたほうが良いでしょう。

爪切りや足の毛をこまめにカットする

爪が長かったり肉球の周りの毛が長いと、足が滑りやすくなるので怪我をしやすくなってしまいます。
最低でも1か月に一度は切るようにしたほうが良いでしょう。
ペット用のバリカンや爪切りを使って飼い主さんがやるのも良いですが、暴れたり深爪させてしまう恐れのある場合は、ペットショップや動物病院でやってもらってください。

まとめ

ペットを飼育するということはとても大変なことです。
まず自分がペットに対して快適な生活を用意できるか、自分が最期まで面倒を見られるかということをきちんと考えたうえで飼育をはじめてください。
滑りやすいフローリングの対処などペットの環境を整えてあげるのは飼い主さんしかできない役目です。
しっかり考えたうえで賃貸物件を選ぶようにしましょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|杉並区永福町の住みやすさとは?周辺環境や交通アクセス家賃相場もご紹介   記事一覧   世田谷区にある下北沢駅ってどんなところ?商店街や家賃相場をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフブログ
  • 店舗紹介
  • ベルフェイス
  • Instagram
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    ハウス賃貸 千歳烏山店
    • 〒157-0062
    • 東京都世田谷区南烏山6丁目3-15
      ikビル 1階
    • TEL/03-5969-1511
    • FAX/03-5969-1512
    • 東京都知事 (3) 第91690号
  • お問い合わせ
  • スマホ
  • ハウス売買
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

Copyright(c) ハウス賃貸 All Rights Reserved. 

来店予約