ハウス賃貸 > ハウス賃貸つつじヶ丘店のスタッフブログ記事一覧 > 単身世帯の平均貯蓄はいくら?節約法やコツとは!

単身世帯の平均貯蓄はいくら?節約法やコツとは!

≪ 前へ|カップルで同棲するにはどうすればいいか解説   記事一覧   杉並区高円寺の住みやすさは?周辺環境や家賃相場をご紹介|次へ ≫

単身世帯の平均貯蓄はいくら?節約法やコツとは!

単身世帯の平均貯蓄はいくら?節約法やコツとは!

現在、賃貸契約を検討している方は、単身世帯の貯蓄の平均などについて調べているのではないでしょうか。
ここでは、単身世帯の貯蓄の平均や、貯金をするためのコツなどを解説していきますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら

単身世帯の貯蓄の平均について

単身世帯の貯蓄の平均について

単身世帯で、どれだけ貯金をしているか、平均値と中央値について、それぞれの世代で解説していきます。

20代の平均値と中央値

20代の場合、平均値は106万円、中央値は5万円となります。
20代ともなるとまだ収入が少なく、満足に貯金をすることができないという方が多いようです。
平均が106万円に対して、中央値が5万円というのがそれを物語っています。
一部の稼いでいる人が平均値を底上げしているようです。
ちなみに、二人世帯になるとそれぞれで生活費を折半し合ったりすることができるため、平均値も中央値も高くなる傾向にあるようです。

30代の平均値と中央値

30代の平均値は359万円、中央値は77万円となっています。
30代にもなると物件の購入や結婚なども考え始め、真剣に貯金をしていく世帯が増えるようです。
しかし、平均値が359万円に対し、中央値が77万円と100万円以下になっているのは、20代と同様、一部の大きく稼いでいる世帯が平均値を底上げしているのがわかります。

40代の平均値と中央値

40代の平均値は564万円、中央値は50万円となっています。
20代や30代に比べると、収入も上がってきているので、大きく貯金ができるようになっていることがよくわかります。
しかし、中央値が50万円と、30代の中央値よりも下がっていることがわかります。
これは、自身の子どもたちに使うお金が増えたり、支出が以前よりも増えているため、多くの人がお金を使用しているのが原因と考えられます。

50代の平均値と中央値

50代の平均値は926万円、中央値は54万円となっています。
かなり多くの人が稼ぐことができており、平均値は926万円となった一方、中央値は54万円と40代のころとあまり変わらない状態になっています。
これはまだ子ども世代を扶養しており、出費は継続的に起きていることが考えられます。
平均値は確かにかなり上昇していますが、中央値も参考にしつつ、自分がどれだけ貯金しておけば良いかを把握していくことが重要だと思います。

単身世帯で貯蓄を増やすための節約法について

単身世帯で貯蓄を増やすための節約法について

今後の長い人生のことを考えると、いくらでも貯金しておいて損はないかと思います。
貯金をするのに有効な方法は、収入を増やすことよりも、支出を減らすことになります。
ここからは、支出を減らすための節約法について解説していきます。

食費の節約方法

生活のなかで節約することができるのは、まず食費があげられます。
単身世帯の食費の平均額は約2万7千円となっていますが、自身の日々の食費はどれくらいになっているでしょうか?
外食や酒類を飲んだりするとさらに費用がかかってくることが予想されます。
日々のお酒はかなりの費用がかかってくるものになるので、お酒を飲む方は、まずお酒の量を減らすだけでも大きく節約できます。
ほかの食費の節約法としては、自炊になるでしょう。
食費は月収の15%が理想とされています。
月収がたとえば30万円である場合、月の食費は4万5千円以内に抑えるのがもっとも良いとされます。
この数値を達成するためには、自炊がかかせません。
毎月の食費を4万5千円にしようと思うと、1日の平均の食費は1,500円になります。
1,500円に納めるためには、1日3食と仮定して、一回の食費は500円となります。
この費用に納めようと思うと、外食ばかりしていると少し無理があることになってしまいます。
自炊の経験がないのであれば、まずは週末など、休みの日だけ料理をするようにしてみましょう。
手軽なレシピを見つけることによって、自分のなかで楽な料理を見つけることができ、時間もお金もかけずに料理をすることができるようになります。
また、作り置きのレシピなどを覚えておくことによって、一度の料理で複数日食事をすることができるようになり、食費も抑えることができるようになります。

水道や光熱費の節約方法

単身世帯となると、水道や光熱費を節約するのもポイントとなります。
水道と光熱費は、平均して1万円程度が毎月使用されることとなります。
そのうち電気代はおよそ6千円ほどかかるとされていて、これを節約するためには、エアコンの使用率を下げるのが良いとされています。
エアコンはこまめに消したりつけたりするよりも、ある程度長時間つけておくことによって、エアコンが部屋の適温に合わせて風力を調整するので、逆に節約をすることができるようになります。
つけないのがもっとも良い節約になりますが、場合によっては命に関わる暑さの日もあるので、なるべく節約しながら使用するようにしていきましょう。
水道に関しては、シャワーヘッドを節水式に付け替えたり、トイレのレバーを使い分けたり、食器の洗い方を工夫するなどの方法で節約をすることができます。
シャワーを浴びる際も、頭を洗っているときはシャワーを止めるなどの方法で節水することができます。

単身世帯の貯蓄のコツについて

単身世帯の貯蓄のコツについて

単身世帯で貯蓄をするコツとしては、まずは変動費と固定費についてよく考えることです。
変動費とは、毎月変わる支出のことで、固定費は毎月一定の金額で支払う支出のことです。
固定費は主にスマートフォン代やネット代、家賃などがあります。
スマートフォン代やネット代は、会社の指定の物などでない場合は自由に切り替えることができるので、安くて使いやすい会社を利用するのが良いと思います。
変動費は食費、交際費、娯楽費になってきます。
これらは自分の生活のなかで、減らせる部分がないかを都度考える必要がある費用です。
自分自身で費用を調整しつつ、貯金したい金額を決めて、それを目指していくことが大切です。
また、ほかのコツとしては、無理に貯金を頑張ろうとしすぎないことです。
無理に貯金をしようとすると、かえってどこかのタイミングでストレスが爆発してしまい、お金を無駄遣いしてしまうときがくるかもしれません。
下手にお金を使わないためにも、適度に自分を甘やかすためのお金を使用するのも、節約のコツになります。
長期的に、たとえば1年間でこれだけの貯金をしたい、と考える方法も良いと思います。
たとえば年に50万円の貯金をしたいと思ったときは、ボーナスや臨時収入である程度貯金をし、普段の月収は生活費に回すという方法もあります。

まとめ

ここまで、単身世帯の貯蓄の平均値と中央値、また、節約法や節約のコツなどについて解説してきました。
賃貸の契約をしようと思うと、固定費がさらに増えることになるので、出費も多くなることが予想されます。
そのため、できるだけ支出を抑えるための方法を熟知しておくことで、余分なお金はすべて貯蓄に回すことができるようになり、生活も楽になっていきます。
できるだけ貯金額を増やしておくことで、生活の余裕が出るだけでなく、心の余裕も出てくることになります。
なるべく多くのお金を貯金できるように、今のうちからお金の知識を多くつけておきましょう。
どうしてもお金の不安がつきないというときには、株などで少しずつ増やしていくと、数年後にはかなりの金額が増えていることになるので、そういった方法を試してみるのも良いでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

弊社へのお問い合わせはこちら
≪ 前へ|カップルで同棲するにはどうすればいいか解説   記事一覧   杉並区高円寺の住みやすさは?周辺環境や家賃相場をご紹介|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • スタッフブログ
  • 店舗紹介
  • ベルフェイス
  • Instagram
  • お客様の声
  • 周辺施設検索
  • 会社概要

    会社概要
    ハウス賃貸つつじヶ丘店
    • 〒182-0006
    • 東京都調布市西つつじケ丘3丁目33-12
      田村第一ビル 3階
    • TEL/042-442-6171
    • FAX/042-442-6172
    • 東京都知事 (3) 第91690号
  • お問い合わせ
  • スマホ
  • ハウス売買
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約